炭水化物抜きダイエットをしたのに痩せない?!その原因は?

ダイエットと言えば、炭水化物抜き!と言うくらい「炭水化物を抜く=痩せる」と思っている方は多いのではないでしょうか。

しかし中には炭水化物を抜いても痩せないと言う方もいるんですよ。なぜでしょうか?

炭水化物抜きダイエットとは、実は糖質の摂取を制限するダイエット方法の事なんですよね。

炭水化物は、糖質と食物繊維で構成されています。太る原因になるのは、この「糖質」の方です。

なぜ糖質摂取を制限すると痩せるかと言うと、インシュリンが分泌が抑えられるからです。

このインシュリンは別名「肥満ホルモン」とも呼ばれていて、余った糖質を中性脂肪に変えてしまうと言う働きをします。なので糖質を制限するとインシュリンの分泌も抑えられ、結果脂肪が蓄積されにく減量できると言う事です。

炭水化物を抜いているのに痩せない人は、炭水化物以外からの糖質摂取量が多いのかも知れません。

糖質は主に白米やパンなどの主食に多く含まれていますが、それ以外にも糖質がたくさん含まれている食品はたくさんあります。

いも・でん粉類・砂糖・甘味料・豆類・フルーツ・昆布・加工された魚類、肉類・乳製品(チーズ以外・お菓子・調味料・加工食品などです。

炭水化物抜きダイエットをしている方は、炭水化物の代わりにこれらの食品をたくさん摂取していないか確認しましょう!

そして心当たりのある方は、これらの食品を制限する事でダイエット効果が現れてくるかもしれませんよ!

飲むだけで糖質をカットしてくれるダイエットサプリ「プレミアム酵母」はかなりオススメです!


ダイエット素材にプラスして美容素材も配合したサプリがおすすめ!

これまでダイエットといえば“とにかくやせる!”という意味が強かったのですが、最近では、外見やスタイルとのバランスを考えたダイエット、つまりはプロポーションのプロデュースといった意味でのダイエット意識が高まっているようです。また、ダイエットに対する人々の知識も深まってきています。TVや雑誌、ネットなどの各メディアでダイエット特集が組まれたことで、“食べずにやせる=不健康”という認識が浸透して、逆に“ダイエットには運動が必要”と認識する人が増えてきているそうです。「ダイエットは1日にしてならず」と言われるように、ダイエットの完了には一定の期間が必要になります。ですが、若い世代ではスマホやファッションなど、さまざまなことに費やすことも多いので、長期のダイエットのコストを払えないようです。そんな中、“ただやせ”から“美やせ”へという人々に対応して、ダイエットサプリも進化してきています。ダイエットサポート素材(イノシトール、ヒスチジン<アミノ酸>、ギムネマ等)に、数種の美容素材(コラーゲン、ハトムギ、ヒアルロン酸、ビタミンC等)を加えたものなど、単なるカロリーコントロールにとどまらず、美容素材を配合したものが登場しています。手軽に始められるダイエット方法としてはやはりサプリメントを賢く利用するのがベターのようです。


ダイエットは我慢が大切!アルコールを減らし、夜はあまり食べない!

ダイエットとは色々なものがあり、そんな簡単に効果が出るとは限りません。
人それぞれ違いますし、効果の違いもでてきます。

1番大切なことは、自分にあった方法を探せるかどうかにかかっていると思います。その為には、色々な方法を試すことがまず第一歩だと思います。

私が7キロほど時間をかけて自然に痩せた方法は、食生活を変えたことです。夜にお酒を飲むことが多かったですが、その量を減らしたりして、なるべく飲まないように心がけました。
特に痩せ始めたばかりのころは、ほとんど飲まないようにしました。そして、朝ご飯は割としっかり食べるようにしました。それに代わって、夜はほとんど食べないようにしました。

ごはんや麺などの炭水化物はもちろんそうですが、ほとんど食べずサラダやおつまみ少しといった感じでした。もちろん、夜中の間食やしめのラーメンといったバカ食いもやめました。

すると、食生活が変わっていくのに段々と慣れてきて、それが普通になり、少食にもなりました。又、夜食べないので寝ている間の消化が良く、朝起きてすっきりしていくのがわかりました。

食べ物が蓄積されず、消化されやすくなったのが1番大きかったのではないかなあと思います。特に大きな運動などしてはいませんが、自然と体重が落ちていきました。